世界美女図鑑

世界中の美女の気になる最新情報を集めました

美女

【ネオアンドロギュヌスの逆襲】スタヴ・ストラスコの最も美しい写真BEST13

7


この記事は私がまとめました

1992年9月24日生まれ
出身地 ウクライナ
身長 177cm/体重 52kg

13位

カジュアル・ウェアに関しても、トランスジェンダーだからこそ生み出せる健康的なストリート感に満ち溢れています。全世界の女性が、ストリート・ファッションにおいて、違和感なく受け止められるクールさが見事に表現されています。

12位

2014年ベン・アシフが、「インスティチュート・マガジン」のためにスタヴ・ストラスコを撮影しました。トランスジェンダーとミュータントを掛け合わせる発想は、実にわかり易いものなのですが、このわかり易さこそがトランスジェンダーのファッションシーンにおける魅力なのです。

ある種、「ドラゴンボール」におけるフリーザ様の存在感をトランスジェンダーのみが持ちうるのです。男性として生まれ、女性の形態を目指すうちに、そんなものをゆうに超えた形態へと進化を遂げていくその姿が、トランスジェンダーの効し難い魅力なのです。

逆説的な言い方なのですが、平らな胸は、女性にとっても進化の象徴なのかもしれないのです。

11位

私は何者かわかりません。本来、女性は女性であることを知り、男性は男性であることを知ります。しかし、アンドロギュヌスたちは、自分が何者か知らずに、色々な感情、感覚、知性の中で生きてきたわけです。そのポテンシャルたるや常人の持ち得ないものがあるのです。

しかし、スタヴ・スタスコフもアンドレイ・ペジックも一人でアンドロギュヌスとして昇華したわけではありません。彼女たちは、ファッション感度の高い人々に囲まれる生活を送るように、活動したからこそ、そうなれたのです。これからのトランスジェンダーにとって必要なことは、自分のセンスをまずは日本中に示すことなのです。全ての革命は小さな一歩から始まるのです。

10位

9位

1992年の有名なマドンナの写真集『SEX』の中の一枚(スティーヴン・マイゼル撮影)からインスパイアされています。こういうテーマをアンドロギュヌスと結び付けているところは実にあざといですが、大正解です。

それにしても、トランスジェンダーにも負けないマドンナのこの存在感の凄さは何でしょうか?彼女こそ元祖「クロスジェンダー」です。

8位

もちろん、豊胸していようが、いなかろうが、睾丸が存在していようが、なかろうが、そんなことは重要ではありません。アンドロギュヌスとは、何か?それは男女の心を打つ表現が出来る人のみを示す言葉です。

7位

6位

-美女

おすすめの記事