世界美女図鑑

世界中の美女の気になる最新情報を集めました

美女

実力は男以上、美貌はモデル並 史上最高の女性スパイ&スナイパー

7


この記事は私がまとめました

nonoichigoさん

▼『スタイリッシュ・スパイアクション映画!!』

『アトミック・ブロンド』(Atomic Blonde)は、2017年に
アメリカ合衆国で公開されたアクション映画である。監督は
デヴィッド・リーチ、主演はシャーリーズ・セロン。

あらすじ
イギリスの情報機関、MI6ですご腕のスパイとしてその名をとどろ
かすロレーン・ブロートン(シャーリーズ・セロン)に、新たな指令
が下される。それは、何者かに奪われた最高機密クラスのリストを
取り戻すというもの。ベルリンを訪れたロレーンを待ち受けていた
のは、世界各国のスパイだった。

▼『 MI6(エムアイシックス)』とは

秘密情報部(ひみつじょうほうぶ、英: Secret Intelligence Service
、SIS)は、イギリスの情報機関の1つ。MI6の略称が広く知られて
いる。国外の政治、経済及びその他秘密情報の収集、情報工作を
任務としている。

▼実在した、『MI6』の『美人女性スパイ』

コードネームは、『シンシア』。

▼どのくらい『美しく、魅惑的』だったかというと

ベティはまだ少女の頃から周囲の大人を魅了するほどの容姿を持ち
、11歳のベティに心を奪われたイタリアの外交官が話をするために
学校を訪れることもあったそうです。

大きく魅力的な瞳、悩ましい声、金髪がかった赤毛、10代の頃から背も高く、大人びた魅力を持った少女だったのだそう。

▼『スパイ』になるために生まれてきたかのような、『気質』

高校生になったベティは奔放な男女の愛に目覚め、日記に「最も
素晴らしい喜びとは男女が共に過ごすこと」と記すほどだったそう
です。その結果ベティは19歳で妊娠することになり、誰が父親かも
わからなかったとのこと。

しかし、ここからの展開がまた凄い。10代の未婚の母は、社会的な死を意味したため、彼女はある作戦を立てることに。それは週末のパーティーで知り合ったイギリス大使館の外交員で、2倍以上年の離れた男性である、アーサー・パックを誘惑すること。つまりベティは、既成事実を作ったわけです。

これがきっかけで2人は1930年に結婚しましたが、子どもと血の
つながりがないことに気付いたアーサーは、ベティの子どもをイギ
リスで里親に出すことを強要。これがきっかけで夫婦仲は冷え切り、
ベティは婚外関係を持つようになりました。

(その後、)フランス大使館の男性と恋人同士になり、ペアに
なって任務を行う...なんていうまるで映画のような人生を送ったの
だとか。その男性、チャールズ・ブッシュとは本当に恋におちて
結婚したらしいので、どこまでも映画みたいですよね。

▼その『美貌と実力』で、『歴史に名を残すほどの女スパイ』に

もともとアメリカ生まれの彼女ですが、“イギリスがなかなか入手
することのできなかったドイツの暗号機を、ポーランドがすでに解読
している”などの重大機密をハニートラップで暴き出したようです。

第二次世界大戦時にハニートラップで標的に接触してピロートーク
で情報を盗み出し、数十年間知られていなかったフランス・イタリア
の海軍の暗号を入手するなどの多大なる実績を挙げました。

この働きで連合国が枢軸国をリードすることになり、最終的に
戦争の勝利にも貢献したことになりました。

▼『晩年』の様子

ベティは1963年にがんを患って亡くなりましたが、死ぬ直前に
「今までの行いで恥じることはあったか」と尋ねられました。問いに
対してベティは「恥じる?私の仕事の成果として、少なくとも数千万
人ものアメリカ人とイギリス人の命が救われたと上官は言っていまし
た。私が携わったことは『立派な女性』なら後ずさるようなものです
。しかし、戦争とは『立派な方法』では勝てません」と言い残した
そうです。

▼『旧ソ連に実在』した、『女性スナイパー』

あらすじ
1941年、ナチスドイツによるソ連侵攻が始まった。まだ大学生だった
リュドミラは、非凡な射撃の才能を買われ、戦場に身を投じる。
狙撃兵として次々と標的を仕留めるリュドミラは、やがて敵からは
“死の女”と恐れられ、軍上層部には英雄として讃えられ、戦意高揚の
道具として利用されてゆく。戦場で芽生えた恋、愛する人の死、
そして新たな出逢い。その間も戦況は悪化し、10カ月におよぶ壮絶な
攻防戦が開始された。

-美女

おすすめの記事