世界美女図鑑

世界中の美女の気になる最新情報を集めました

美女

リナサワヤマ(「チェリー」が人気の歌手)・プロフィール

7


この記事は私がまとめました

lletee127さん

↓ リナサワヤマ「cherry(チェリー)」

Hello, can I speak to...
もしもし、あの…

Oh, never mind
ううん、やっぱりなんでもない

So won't you? Will you be my cherry?
それでどうする?わたしの初めての子になってくれる?

So come on talk to me, talk to me
だから話をしようよ、話しかけてよ

Will you, will you be mine?
わたしの初めての子になってくれる?

1, 2, 3, let's go

(以下略)

リナサワヤマさんについて調べていて、私が初めて知った言葉に「パンセクシュアル」があります。

LGBTが日本でも考えられる機会がすごく増えてきて、同性愛や両性愛(バイセクシュアル)をカミングアウトする人もたくさんいますよね。

バイセクシュアルは知っているけどパンセクシュアルとは?

パンセクシュアルは全性愛を意味します。

全性愛とは何ぞや?

そもそも恋愛対象に性別が条件にない、ということ。

リナサワヤマさんはこのパンセクシュアルであることを明らかにしています。

だから、リナサワヤマさんの曲の歌詞には、彼もいれば彼女もいる、相手が男性か女性かにこだわらない、という感じなのかな。

↓ リナサワヤマさんのプロフィール

リナ サワヤマは日本で生まれ、ロンドンを拠点に活動するシンガーソングライター、モデル。

1990年に新潟で生まれ、その後東京に移り、4歳の時に父親の転勤でロンドンに移住。
ロンドンでの生活の方が自分にフィットしていたので、その後も母親と一緒に現地に残る。

ノース・ロンドンの日本人学校に通った後、ケンブリッジ大学で政治学を学ぶ。学生時代から音楽を作り始め、大学卒業後はアーティストとして本格的に活動開始。
作詞・作曲、プロデュース、ミュージックビデオの監督までをすべて自身で手掛ける。

英カルチャー誌『Dazed』、NYの音楽誌『The FADER』、米Vice Mediaのミュージックチャンネル「Noisey」に取り上げられるなど、国内外のファッション関係者から注目を集める。

高校はノース・ロンドンで日本人学校へ通っていたようです。

ですが、途中から地元の高校へ転校しているようです。
その後は、なんとケンブリッジ大学へ進学。

ケンブリッジ大学は世界でもトップクラスで、東大、京大よりも遥かにレベルが高い大学です。

そんな超ハイレベルのケンブリッジ大学では心理学と政治学を学んだようです。
このことから“ケンブリッジ卒の才女”なんて言われています。

経歴を見ていると非常に順風満帆な人生を歩んでいるように思えますよね。
ですが、リナサワヤマさんは過酷な過去を乗り越えて今があります。

というのも、白人社会のケンブリッジ大学では陰湿ないじめを受けていたようです。

<公立高校出で、音楽で飯を食っていこうなんてホザいている日本人のクソガキ>と周りから思われていたそうで、それが原因でいじめや人種差別にあっていたんだとか。

しかも、それが原因でうつ病を患った経験を持っています。

白人社会でのいじめや人種差別はえげつないと聞いたことがありますから、相当苦しい思いをしたんだと思います。

ですが、それが功を奏してかリナサワヤマさんは「そうした記憶がアーティストとして生きる起爆剤に繋がった」と言っています。
とても芯の強い女性ですね。

リナさんは宇多田ヒカルや椎名林檎などの日本の音楽と2000年代初めのころのアメリカのR&B、ポップ、ロックに影響を受け、最も影響を受けたのは宇多田ヒカルの「First Love」、椎名林檎の「勝訴ストリップ」だそうです。

2013年にシングル「Sleeping in Waking」で音楽活動を開始します。

2017年リリースしたミニアルバム『RINA』で注目を浴び、現地メディアの「2017年の知っておくべきアーティスト」や「次世代を担う100人」に 選ばれます。

シングル

・2013年
sleeping in Waking

・2016年
Where u Are
This Time Last Year

・2017年
Cyber Stockholm Syndrome
Alterlife
Tunnel Vision

・2018年
Valentine (What’s It Gonna Be)
Flicker
Cherry

リナさんはシンガーソングライターの仕事以外にはモデルのお仕事もされています。

英カルチャー誌「DAZED」に取り上げられるなど、国内外のファッション関係者からじわじわと注目を集め、2016年、ルクア大阪のキャンペーンモデルに起用。

これは、1周年の際に起用されたモデルで女優の水原希子に続くという快挙。

ルクア大阪のキャンペーンモデルにリナさんを推薦したのが、なんと一度も会ったことのないモデルで女優の水原希子さん。

スタイリストの渡辺俊に彼女のことを紹介し、彼とのSNS上のやり取りだけで「ルクア大阪」のモデルの起用が決定。

2017年リリースしたミニアルバム「RINA」により新たな才能の出現と注目を浴び、現地メディアの「2017年の知っておくべきアーティスト」や「次世代を担う100人」に選ばれました。

影響を受けたアーティストとしてあげているのが、日本人では宇多田ヒカル、椎名林檎。海外アーティストは、Beyoncé・Mariah Carey・The Cardigans・Justin Timberlake・Aaliyah・N.E.R.Dなど。

影響を受けたアルバムは、宇多田ヒカルの「First Love」、椎名林檎の「勝訴ストリップ」、Beyoncéの「Dangerously in Love」、N.E.R.Dの「Fly or Die」など。

2018年にリリースした曲「Cherry」は、バイセクシャル・パンセクシュアルは、 ゲイからもストレートからも認められにくいと語る彼女が、内なる葛藤に対して歌った楽曲。

↓ リナサワヤマさんの関連動画

-美女

おすすめの記事