世界美女図鑑

世界中の美女の気になる最新情報を集めました

美女

「日本三大ブス」県出身の美女一覧

7


◉宮城県(みやぎけん)の美女

1968-
宮城県泉市(現仙台市泉区)生まれ。
女優

宮城県泉市(現・仙台市泉区)に生まれ、黒川郡富谷町(現・富谷市)で育つ。宮城県泉高等学校を経て、東北学院大学経済学部商学科卒業。

また、故郷の宮城県も大きな被害を受けた2011年の東日本大震災後は、NHKによる復興キャンペーン「NHK東日本大震災プロジェクト」に参加している。同プロジェクトで制作された合唱曲「花は咲く」にも参加したが、そのプロモーションビデオでは鈴木のみが歌わずに黙祷する演出がなされた。

◉茨城県(いばらきけん)の美女

1983〜
茨城県水戸市生まれ、同県鹿島郡鉾田町(現・鉾田市鉾田地区)育ち
グラビアアイドル、タレント、女優、スポーツライター、ファッションモデル。

高校2年のときにオーディション雑誌の募集案内を見て、部活を1日だけ休ませてもらい、東京見物を兼ねて軽い気持ちでホリプロスカウトキャラバンを受けたが、2次審査で落ちてしまう。帰ろうと思っていた矢先、審査員の一人であったホリエージェンシーの社員に『うちのオーディションを受けてみない?』とスカウトされ、2度目のオーディションで合格し、2001年に芸能界デビューする。

2014年12月5日発売の『AneCan』2015年1月号より「ぷにモデル」として同誌専属モデルを務める。同誌2014年10月号掲載のファッション特集「ぷにぷに肉ニット」へ「肉モデル」として登場した際に読者からの反響が大きかったことから、「ぽっちゃり女子」ブームの新たなファッションアイコンとして、「冬の着ぶくれ」を克服するコーディネートなどを披露している。

1984〜
茨城県土浦市生まれ。
女優、タレント、モデル、歌手。

5歳の時に母親が芸能事務所に入れる。「ピチレモン」「ニコラ」など、ティーン誌でのファッションモデルとして活動。

1978〜
茨城県常陸大宮市出身。
女優、タレント。

短大生の時、東京・渋谷でスカウトされ事務所と契約し、茨城弁を直すために半年間のレッスンを受けた後、デビュー活動を開始。

1989年、『パラダイスGoGo!!』(フジテレビ)の乙女塾のオーディションに合格し、1期生としてデビュー。メンバー内で選抜された永作、松野有里巳、佐藤愛子の3人で、アイドルグループribbonを結成。1995年頃、ribbonの実質活動休止。

劇団☆新感線を経て20代半ばから、本格的に女優業を開始。

実年齢より若く見える童顔であり、1995年のドラマ「さんかくはぁと」では当時24歳ながら女子高生役を演じ話題になる。

日本人の父とフィリピン人の母の間に生まれ、音楽に溢れた家庭環境で育つ。2003年、自らスターダストプロモーションへ応募し合格。以後、同事務所に所属し、5年間のレッスンを重ねる。

1968〜
茨城県常総市(旧水海道市)出身。
女優。

1988年日本旅行のキャンペーンガールに選ばれ、デビュー。

テレビ・CM・映画出演にてキャリアを積み重ね、映画『RAMPO』のヒロイン役に抜擢され一躍注目を集める。この映画の出演後奥山和由の下で、「チームオクヤマ」映画の常連出演者となり、「松竹専属の映画女優」として映画にほぼ専念することとなった。

しかし、奥山和由の失脚後は松竹専属を解除され、映画出演からは遠ざかりテレビドラマに復帰。『女王の教室』や『サラリーマン金太郎』などのヒット作に出演し新たなキャリアを積み重ねる。2006年10月からは『京のいっぴん物語』(関西テレビ/KBS京都共同製作)にレギュラー出演している。

◉愛知県(あいちけん)の美女

1982〜
愛知県西春日井郡新川町(現清須市)出身。

新川町立新川中学校(当時)在学中、雑誌『ピチレモン』(学研)のジュニアモデルを経て中学3年で上京し、1997年に木村拓哉主演のドラマ『ギフト』(フジテレビ系)で女優デビュー。

2000年の前後に、10社以上のCMに登場、メディアで「CM女王」と呼ばれることもあった。

テレビCMには、デビュー直後から安定したペースで出演。現在まで、NTTDoCoMo、カネボウ、イーオンなどの大企業を中心に、多数のCMへ登場している。8年間担当したNTTドコモのイメージキャラクターについては、「彼女の安定性を企業が高く評価している証拠」として、広告・映像業界でも高く評価された。

-美女

おすすめの記事

×