世界美女図鑑

世界中の美女の気になる最新情報を集めました

美女

歴代「世界で最も美しい顔トップ100」のNO.1(2000~2009年) Part.2

7


2000 ジェニファー・コネリー(Jennifer Lynn Connelly)

アメリカ合衆国ニューヨーク州出身。

2001年公開の『ビューティフル・マインド』でアカデミー助演女優賞・ゴールデングローブ賞 助演女優賞・英国アカデミー賞 助演女優賞 ・第7回放送映画批評家協会賞 助演女優賞・アメリカ映画協会賞年間最優秀女優賞と、さまざまな賞を獲得し、演技派女優として高く評価された。

英語の他にフランス語・ドイツ語が堪能。

2001 ニコール・キッドマン(Nicole Mary Kidman)

2002 アンドレア・コアー(Andrea Jane Corr)

2003 ジェニファー・コネリー(Jennifer Lynn Connelly)

2004 リンジー・ローハン(Lindsay Lohan)

アメリカ合衆国ニューヨーク市ブロンクス生まれ。

歌手として2003年の『フォーチュン・クッキー』が全米で1億ドルを超える大ヒットを記録、アメリカで最も人気のあるティーン・アイドルとなる。

女優業は、3歳より子役として活躍し、1998年に『ファミリー・ゲーム/双子の天使』で映画デビューするとヤング・アーティスト・アワードの主演女優賞を受賞して人気子役となった。

2005 キーラ・ナイトレイ(Keira Christina Knightley)

イギリス・ロンドンのテディントンで生まれ、リッチモンドで育つ。

『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』のヒロインエリザベス・スワン役に抜擢され、同作品も記録的大ヒットを記録して、一気にハリウッド・トップスターの仲間入りを果たす。

『プライドと偏見』では主役のエリザベス役で、史上3番目(20歳と311日)の若さでアカデミー主演女優賞にノミネートされ、映画芸術科学アカデミーの会員へ招待された。

2006 キーラ・ナイトレイ(Keira Christina Knightley)

2007 ケイト・ベッキンセイル(Kate Beckinsale)

イギリス・ロンドンのフィンズベリー・パーク生まれ。

世界中の美男美女が集まるとも言われるハリウッド映画界において、デビュー時からその美貌は米『ピープル』誌から「絶世の美女」「ポスト・イングリッド・バーグマン」とも絶賛され、注目を集め続けてきた。

米国の映画専門サイト「インディペンデント・クリティクス」が発表する「最も美しい顔100人」では15年連続ランクインしている。

2008 ナタリー・ポートマン(Natalie Hershlag)

イスラエル・エルサレム生まれ。

子役としてヒット作「レオン」のマチルダ役を演じ、衝撃的なインパクトを全世界に与えた。

圧倒的なキャラクターに注目が集まりがちであったが、2010年に公開『ブラック・スワン』では、次第に精神が壊れていくバレリーナ役を9キロ減量して演じ、第83回アカデミー主演女優賞をはじめとするさまざまな賞を受賞し演技面での評価を高めた。

2009 ローズ・バーン(Rose Byrne)

オーストラリア・シドニー出身。

オーストラリアのテレビに多く出演していたが、2000年に入りアメリカ映画やイギリス映画にも進出し、テレビドラマ『ダメージ』のエレン・パーソンズ役を演じエミー賞助演女優賞にノミネートされる。

2000年の『The Goddess of 1967』にてヴェネツィア国際映画祭女優賞を受賞している。

【 関連まとめ 】

-美女

おすすめの記事

×