世界美女図鑑

世界中の美女の気になる最新情報を集めました

美女

美しすぎる韓国女性トロット(演歌)歌手10選

7


①クム・ジャンディ(금잔디、Keum Jan-di)

韓国で「高速道路の女王」と言われている。
2000年にパク・ソヒという名で正式デビュー。その後、一時期、本名のパク・スヨンで活動し、2004年からパク・スビンに名前を変え、2010年1月から現在のクム・ジャンディに変更して人気が出る。

≪プロフィール≫
1979年5月15日、江原道洪川郡生まれ。37歳。
本名パク・スヨン。
同徳女子大学校放送演芸学科。
2000年、アルバム『永宗島のカモメ』で歌手デビュー。
“高速道路の女王”の異名をとる。
2012年、「第12回韓国伝統歌謡大賞」レコード功労賞。
2014年、「MBC歌謡ベスト」人気賞。
2014年、「第13回韓国伝統歌謡大賞」女子歌手部門優秀賞。
オルラエンターテインメント所属。
代表曲「お兄さん」、「一途(一片丹心)」、「如如」他。

クム・ジャンディ「一途」、「お兄さん」、「どうにもならない愛」

②チャン・ユンジョン(張允瀞、장윤정)

トロット界の新世代歌姫。独自の派手な衣装にダンス、そして覚えやすい曲が若者にも浸透して「オモナ!(あらまあ)」がミリオンセラーの大ヒット。それ以降、トップスターの座に君臨する

≪プロフィール≫
1980年2月16日、忠清北道忠州市生まれ。37歳。
身長168cm、体重48kg。血液型B型。ソウル芸術大学放送演劇学科卒業。
1999年、MBC江辺歌謡祭で「わたしの中のあなたは」を歌って大賞を受賞し、歌手デビューするも4年間CDを出せずにいた。
2003年にシングル「オモナ!」で実質デビュー。この曲がトロットでは異例のミリオンセラーに。
また、日本の演歌歌手・林あさ美とデュエットするなど話題を呼ぶ。
韓国で「招魂」と題された楽曲は、日本では「最期の川」というタイトルで2013年にリリースされた(MVには美川憲一が出演!)。
なお、日本でのデビュー曲は「うそつき太陽」(2012年10月10日発売)。
KOENSTARS所属。

チャン・ユンジョン「桜道2017」ミュージックビデオ

2012年韓国で大ヒットを記録した「招魂」を、
日本語オリジナル詩でリメイクして2013年に日本でリリースした。

③ホン・ジニョン(홍진영、Hong Jin-young)

キュートでセクシーなトロット界の女王。
25歳の時に『愛のバッテリー』でデビュー。
2015年は「生きることは」がトロット界を席巻。
31歳。

≪プロフィール≫
1985年8月9日、光州広域市生まれ。31歳。
身長167cm、体重45kg。2014年、朝鮮大学校大学院貿易学博士号取得。
2006年、ドラマ「淵蓋蘇文」で女優としてデビュー。
2007年には、女性アイドルグループ「スワン(SWAN)」のメンバーとして歌手デビューするも、2か月で解散。
2009年6月19日、25歳の時に『愛のバッテリー』を発表、演歌(トロット)歌手としてデビューし、人気者に。
2010年、「第17回韓国文化演芸大賞」女子成人歌謡新人賞。
2012年、「第12回韓国伝統歌謡大賞」優秀歌手賞。
2015年、「第29回ゴールデンディスクアワード」ベストトロット賞。
2015年、「第9回ケーブルTV放送大賞」歌手部門人気賞。
代表曲「生きることは」、「愛のバッテリー」、「ブギーマン」。
ミュージックKエンターテインメント所属。

④チョ・ジョンミン(조정민、曺廷旼、Jo Jung-min)

身長170cm、ラテン系モデルを彷彿とさせるルックスでエレピ弾き語り、しかも抜群の歌唱力――。
2014年、トロット・サバイバル番組に出演して話題を集め、デビュー

≪プロフィール≫
1986年6月26日、ソウル市生まれ。30歳。
身長170cm。国民大学校音楽学部ピアノ専攻卒業。
2014年3月に放送されたMnet「トロットⅩ」に出演し、エレピを弾きながら『花』を歌い上げ、注目を集めた。
その年の12月、ミニアルバム『Be My Love』をリリースし、正式にデビュー。
また、その同じ月にはカカオストーリーのWebドラマ「初めの始まり」で主役のユニを演じ、女優としてもデビューを果たす。
2015年、「第23回韓国文化演芸大賞」成人歌謡部門新人賞。
2015年10月、「ソウル広津警察署」名誉広報大使。
ルチェ・エンターテインメント所属。
代表曲「クマちゃん」、「そよそよと」。

⑤スッケン(숙행、Suk-hang)

トロットにポップな要素を採り入れた“トロット・ポップ”で新機軸。
2011年にシングル『0位』でデビューを果たす。

≪プロフィール≫
1983年4月9日生まれ。33歳。
本名ハン・スッケン。
身長167cm、体重49kg。
2011年、演歌(トロット)にポップスを融合させた曲調のシングル『0位』で演歌歌手デビュー。
デビュー前の4、5年はエレクトリックキーボードやバイオリンの演奏と少し歌を融合させたエレクトリックグループ“ミケル”で活動。
その当時から楽曲にトロットも採り入れられていた。
2012年8月、日本でプロモーション活動を展開。
≪シングル≫
『0位』(2011年10月28日)
『カシリ』(2015年11月6日)※カシリとは、高麗時代の俗謡の1首で、恋人との別離を惜しみ嘆いた詩歌のタイトル。

⑥ソ・ユミ(소유미、So Yu-mi)

ガールズグループを転々とし、2015年4月、ソロのトロット歌手としてミニアルバム『Shake Me Up』をリリースし、再出発。
その年の「MBC歌謡ベスト大祭典」で新人歌手賞を受賞。24歳。

≪プロフィール≫
1992年7月6日、仁川市生まれ。24歳。
身長164cm、体重48kg、血液型O型。安養芸術高校演劇映画科卒業。
『パイパイヤ(Bye Bye)』で有名なトロット歌手ソミョンの娘。
2010年11月、ガールズグループ「VNT」のメンバーとしてデビューするも、2011年4月に解散。
その後、ガールズグループ「Viva Girls」に加入。
だが、メンバーのうち3人が別のガールズグループに入ったためにデビューできずに解体する。
次に、ガールズグループ「KISS&CRY」のメンバーとして2013年10月からスタートさせるが、翌年5月発表のシングル『悪い女』を最後に自然消滅。
翌2015年4月、ソロのトロット歌手としてミニアルバム『Shake Me Up』をリリースし、再始動。
その年の「MBC歌謡ベスト大祭典」で新人歌手賞を受賞。
D.Oエンターテインメント所属。
≪ミニアルバム≫
『Shake Me Up』(2015年4月21日)…「Shake Me Up」、「Luxury Man」、「パイパイヤ(Bye Bye)」

⑦ユン・スヒョン(윤수현、Yoon Soo-hyun)

2013年夏にデビューした異色の新鋭。2015年、ナースや婦人警官などのコスプレMVで話題をさらう。
また、中国語盤アルバムも発表。35歳。

≪プロフィール≫
1981年11月18日生まれ。35歳。
身長170cm、体重48kg。車医科学大学校保健学科。
2007年、「MBC大学生トロット歌謡祭」大賞。
2008年、「KBS全国のど自慢」最優秀賞。
2013年にアルバム『DISCOユン・スヒョン』でデビュー。
2014年、「第13回韓国伝統歌謡大賞」女子歌手部門人気賞。
2015年には、中国語盤『千態万象』とMVを発表。MVでは看護師やメイドなどのコスプレで登場している。
2016年1月17日、「2016国際環境文化大賞」授賞式で歌手としてソウル特別市長賞を受賞。イヌプロダクション所属。
≪アルバム≫
『DISCOユン・スヒョン』(2013年8月1日)…「春香よ」、「私の年齢が何だっていうの」、「男の人生」他
『千態万象』(2014年3月5日)…「花の道」、「千態万象」、「ピエロ」他
『光復70周年記念盤』(2015年4月14日)…「いつ来るのか(統一の歌)」、「必ず一度は(離散家族のための歌)」他
【ミニアルバム】
『サチギ サチギ』(2016年8月9日/withナム・ジン)…「サチギ サチギ」、「客が来る」ほか

ユン・スヒョン「千態万象」ミュージックビデオ

-美女

おすすめの記事